トップページ

 2016年5月、台湾で開催された地震前兆現象研究の国際ワークショップに参加してきました。 

 この会議では熊本地震に先行した異常についても活発に議論がなされました。

 プレジデントオンラインに地震予知関係の記事が掲載されました。16世紀に日本で発生した中央構造線沿いの連動地震や、日本の地震予知研究の問題点についても触れています(2016年5月)。http://president.jp/articles/-/17991

 4月16日、熊本県でM7.3を記録する地震が発生しました。私共の東海大学農学部の学生も大きな被害を受けてしまい、痛惜に耐えません。被災された方に心よりお悔やみ・お見舞い申し上げます。今後阿蘇山をはじめとする、九州各地の火山の活動活発化が懸念されます。

 4月16日、今後の活動推移仮説を含めた緊急のDuMAニュースレターを発行しました。

 また東海大学ではDuMAニュースレターとして3月24日に以下のニュースレターを配信していました。

DuMANews 20160324  今回の情報は九州の情報です。九州大学から極めて珍しいコメントが発表されました。2005年3月に福岡県西方沖でマグニチュード7の地震が有史以来初めて
発生しました。この断層の延長上の断層は博多湾から福岡市直下を通過しています。そこで今回のニュースレターでは九州およびその周辺地域の状態を解析してみました。

 詳しくは 以下のDuMAニュースレターをご覧ください。
http://www.sems-tokaiuniv.jp/DuMA/DuMAnews20160324.pdf

地震予知・火山津波研究部門のホームページへようこそ 上は阪神大震災前の地下天気図のアニメです

地下天気図の配信を開始しました(東海大学発ベンチャー DuMA)

5月より「まぐまぐ」を用いて、一般の方にDuMAニュースレターの配信を開始いたしましたhttp://www.mag2.com/m/0001672594.html

祥伝社から『地震前兆現象を科学する』を出版しました(2015年12月)

 

 東海大学海洋研究所は目の前に駿河湾を擁する静岡県静岡市清水区(旧清水市)の三保半島に位置しています。目の前には富士山や伊豆半島が広がります。

海洋研究所のある東海大学清水校舎からの眺めです。

お知らせ

2016年04月28日
地震火山のまめ知識を追加しました
2016年04月16日
平成28年熊本地震に関わる異常現象目撃情報募集!
2016年04月15日
4月15日に発生した熊本県の地震について
2016年04月01日
予知センターの名称がかわりました
2016年03月21日
EMSEV2016(中国・蘭州市)が開催されます
» 続きを読む