地震とは

なぜ地震が起るのか?

地震は地下における急激な断層運動です。地球の表面はいくつかのプレートに分かれており、それらのプレートは盛んに動いています.その相対運動の結果として発生する急激な断層運動が地震なのです。
 地震は大きく2グループに分類されます。その1つはプレート境界でおこるいわゆるプレート間地震 (震源の深さ 70km 程度まで) であり、もう1つはプレート内部で起こるいわゆるプレート内地震です。プレート内地震はさらに内陸型地震 (深さ30km 程度まで) と、深さ 700km にもおよぶ深発地震に分類されます。

 日本列島周辺には4つのプレートがあり、太平洋プレートとフィリピン海プレートが日本列島の下に沈み込んでいます.これら4つのプレートのせめぎあいで起こる地震は、実に世界の地震の約 10% にもなっているのです.